東京都青梅市の印鑑・はんこ専門店

〒198-0041 東京都青梅市勝沼3丁目111
TEL:0428-22-4461
営業時間:月~金 9:00~19:00/土 9:00~12:00
定休日:日曜・祝日

2020.10.04

ハンコの知識

落款印ってどういうもの?

書道はもちろんのこと、絵手紙や年賀状、短冊、ちぎり絵、水彩画、水墨画、色紙、扇子、魚拓など落款印 (らっかんいん) を捺す場面はいろいろあります。

(例)左下が落款印です。

落款印(らっかんいん)とは落成款識印(らくせいかんしいん)の略語です。書道や絵画などの作品が完成したことを示すために、作者が捺す印です。
落款印は押さなければならないというものではありません。しかし落款印を捺すことによって、作品が引き締まり、完成度が上がり、全体のバランスが安定する効果があります。
何よりも作者本人の完成した実感、満足感が高まるのは間違いありません。

「〇〇鑑定団」などで書画の真贋判定に落款印が根拠とされている様に、本人の証明という意味もあります。

立派な書画の作品が出来ても、落款印が貧弱では一流とは言えません。

当店では、落款印を自分で彫る篆刻体験教室を毎月開催しています。誰でも参加できます。

当店では、日本最高レベル(黄綬褒章受章)の技術で落款印をお作りします。ぜひご相談ください。 ( こちらから、または電話(0428-22-4461) )

落款印は基本として三種類あります。
1.姓名印(白文)
2.雅号印(朱文)
3.引首印(白文・朱文)

この3つセットの印を三課印(さんかいん)と呼びます。ただし現在では三種類(三課)にこだわらず、作品全体のバランスから引首印を省略したり(二課)、さらに姓名印か雅号印のどちらかを省略する(一課)こともあります。かな作品の場合は、一課が多いようです。

落款印を捺す位置

1.姓名印(白文)

氏名のフルネームまたは名前のみ(一部の文字も可)を彫ります。通常、姓のみは使用しません。バランスをとるために「~印」「~之印」の字を加えることもあります。文字が白くなる白文で作ります。 基本は正方形(角印)です。(上図の1)

2.雅号印(朱文)

雅号を彫ります。雅号がない場合は名前のみを彫ります。バランスをとるために「号~」の字を加えることもあります。 「~印」「~之印」 は付けません。文字が朱くなる朱文で作ります。
謹書(手紙)では、朱文で本名を使います。 基本は正方形(角印)です。 (上図の2)

なお、姓名印と雅号印を一つの作品に同時に捺す場合は、上に姓名印(白文)、下に雅号印(朱文)を押します。また、同じ大きさの印を使用したほうがきれいに整います。

3.引首印(白文・朱文)

引首印(いんしゅいん)は関防印(かんぼういん)とも呼ばれます。 作品の右肩に書き始めを表す飾りとして捺します。好きな詩句・座右の銘などを彫ります。「~堂」「~閣」「~亭」などを彫ることもあります。縦長の印で、白文、朱文のどちらも使います。(上図の3)

4.押脚印(白文・朱文)

遊印とも呼ばれます。作品の右下などの空白部分に飾りとして捺すことがあります。印文は、引首印と同じく好きな字句を彫刻します。通常は角印で、白文、朱文のどちらも使います。 この印はなくてもかまいません。 (上図の4)

落款印の大きさの目安

大きさに定めはありません。作品全体のバランスを考えて、大きさを決めます。
文字数が多い場合は小さめの落款印、文字数が少ない場合は大きめの落款印にすると良いでしょう。また、ひらがな作品は漢字作品よりも小さめの落款印があうでしょう。

次の表は姓名印や雅号印の大きさの目安です。これより大きいものや小さいものも間違いではありません。落款印も作品の一部としてとらえて、大きさや捺す位置を決めると良いでしょう。

姓名印の文字の配置

文字配置の基本は「右から左」「上から下」です。
姓が2字で名が2字の姓名印の場合は、次のように配置します。(実際は白文で彫ります)

文字配置の例1

姓または名が1字の姓名印の場合は、次のように配置します。
「新版 篆刻の実習」(蓑毛政雄著、教育図書)より)

文字配置の例2

その他の落款印

5.蔵書印
書籍に所有者を明示するために捺す印です。「〇〇氏蔵書」「○○所蔵」など姓を彫刻することが多いようです。

国立国会図書館の電子展示会で「蔵書印の世界」が公開されています。

落款印の材料

落款印は、石で作ることが多いですが、そのほかに、柘、黒水牛、象牙などもあります。古くは金属も使われています。有名な国宝「漢委奴国王」の金印は金で作られています。
石の印材についてはこちらも合わせてご覧ください。

石の落款印の例

最後に

当店では落款印の御注文を承っております。
日本最高レベル(黄綬褒章受章)の技術で落款印をお作りします。ぜひご相談ください。

当店では落款印を自分で彫る篆刻体験教室を毎月開催しています。そこでは、純粋に印を彫る楽しさを感じて欲しいと願っています。 彫っている時間は無言で集中できる貴重な時間、心が洗われる気がします。 開催スケジュールについてはこちらのページをご覧ください 。

落款印のご注文や篆刻体験教室に関するお問い合せ・ご相談はこちらから、または電話(0428-22-4461)でどうぞ。