東京都青梅市の印鑑・はんこ専門店

〒198-0041 東京都青梅市勝沼3丁目111
TEL:0428-22-4461
営業時間:月~金 9:00~19:00/土 9:00~12:00
定休日:日曜・祝日

2020.10.04

ハンコの知識

落款印ってどういうもの?

落款印(らっかんいん)とは落成款識印(らくせいかんしいん)の略語です。書道や絵画などの作品が完成したことを示すために、作者が捺す印です。
 落款印は押さなければならないというものではありません。しかし落款印を捺すことによって、作品が引き締まり、完成度が上がり、全体のバランスが安定する効果があります。
 「〇〇鑑定団」などで書画の真贋判定に落款印が使われていることからわかる様に、本人の証明という意味もあります。何よりも作者本人の満足感が高まるのではないでしょうか。

落款印は基本として三種類あります。
1.姓名印(白文)
2.雅号印(朱文)
3.関防印(白文・朱文)

この3つセットの印を三課印(さんかいん)と呼びます。ただし現在では三種類(三課)にこだわらず、作品全体のバランスから関防印を省略したり(二課)、さらに姓名印か雅号印のどちらかを省略する(一課)こともあります。かな作品の場合は、一課が多いようです。

1.姓名印(白文)

氏名のフルネームまたは名前のみ(頭文字も可)を彫ります。通常、姓のみは使用しません。バランスをとるために「~印」の字を加えることもあります。文字が白くなる白文で作ります。 基本は正方形(角印)です。

2.雅号印(朱文)

雅号を彫ります。雅号がない場合は名前のみを彫ります。バランスをとるために「号~」の字を加えることもあります。文字が朱くなる朱文で作ります。
謹書(手紙)では、朱文で本名を使います。 基本は正方形(角印)です。

3.関防印(白文・朱文)

関防印(かんぼういん)は引首印(いんしゅいん)とも呼ばれます。 作品の右肩に書き始めを表す飾りとして捺します。好きな詩句・座右の銘などを彫ります。「~堂」「~閣」「~亭」などを彫ることもあります。縦長の印で、白文、朱文のどちらも使います。

落款印の大きさの目安

大きさに定めはありません。作品全体のバランスを考えて、大きさを決めます。
文字数が多い場合は小さめの落款印、文字数が少ない場合は大きめの落款印にすると良いでしょう。また、ひらがな作品は漢字作品よりも小さめの落款印があうでしょう。

次の表はあくまで目安です。これより大きいものや小さいものも間違いではありません。落款印も作品の一部としてとらえて、大きさや捺す位置を決めると良いでしょう。

~おまけ~

4.押脚印
遊印とも呼ばれます。作品の右下などの空白部分に飾りとして捺すことがあります。印文は、関防印と同じく好きな字句を彫刻します。通常は角印で、白文、朱文のどちらも使います。

5.蔵書印
書籍に所有者を明示するために捺す印です。「〇〇蔵書」「△△所蔵」など姓を彫刻することが多いようです。

最後に

篆刻体験教室では、もっと気軽に印を彫る楽しさを感じて欲しいと願っています。